FX口座を選ぶ際の比較ポイント

FX取引で利益を得るためには、信頼できる取引業者を見つける必要があります。実際に見てもらうと分かりますが、インターネット上には数多くのFX取引業者がありますので、初めての方はその選択に戸惑うかもしれません。

それぞれの業者によって提供しているサービスは異なります。そのため、各FX業者の比較選定をしっかり行うことが大切です。その際のポイントは色々とありますが、中でも大切なのは最低取引単位です。口座開設する前に確認しておきましょう。その他、FX業者ごとに最低取引単位も比較しながら確認しておきましょう。

最低取引単位は、FX取引業者によって異なります。まずは通貨の取引単位ですが、これは証拠金に直接関係してくることになります。例えば、米ドル円で1万通貨の取引単位である場合は、4万円程の証拠金が必要です。その際、ドル円の為替レートが、多少上下してもロスカットにならないようにするためには、最低でも6万円から10万円程度の証拠金が必要だと言われています。その場合、1,000通貨単位の取引を認めている業者を選ぶ必要があるのです。それにより1,000通貨4千円程度での売買が可能になり、総額4万円の証拠金でも余裕を持って取引できるようになります。